News of October, 2017

【Alexander’s Performance of this month】

October 15,18,24,27 & November 2
Simon Boccanegra – Jacopo Fiesco(Roll Debut!) @ Staatsoper Hamburg
October 21 & 22
Rachmaninov – The Bell – Bass @ Auditorio Nacional de Musica, Madrid
More his future plans, please check ♪here♪!

**********************************************

10月1日までLAオペラで「カルメン」エスカミーリョを歌ってましたが、
10月15日からはハンブルクでの「シモン・ボッカネグラ」フィエスコのロールデビューが控えてます。
あと2週間じゃん・・

ハンブルクでは去年からヴェルディの(けっこう重要な)バスの諸役を歌わせてもらっていて、
(昨年のヴァルター伯爵@ルイザ・ミラー、今年のバンコー@マクベスに引き続き。。。)
まあ、自宅のあるベルリンからも近いハンブルクなので、出やすいってのもあるんでしょうね。
ハンブルクの月刊誌でも、その点についてのインタビューを受けています。

(Thanks to @shochi_hh !!!)

フィエスコのロールデビューで、あらかたヴェルディの主要なバスの役は制覇したかな・・(フィリッポよりもこっちが遅くなるとは思わなかったケド)
もうすっかり「ヴェルディの中堅どころを、ちゃんと歌える中堅バス・・・」と形容してもバチは当たらないでしょう。

Ella giammai…Filippo II,2015@Teatro Colon

残念ながら私は未だに「シモン」をちゃんと聞いたことがない(←いいのかそれで)のと、
現在プライベートでめっちゃくちゃ立て込んでいるので
(ほんと死にそう・・・そしてガチで彼の公演期間中には、もっと忙しくなりそう@@)

ロールデビューに立ち会うどころか、フォローもままならない状況になりそうなんですが・・・💧

ハンブルクには今年3月に、マクベスのバンコー聴きに行きましたけど、お客様からの支持も熱かったですし
ベルリンであまり歌わなくなった今となっては、重要なハウスの一つでしょうし、身体に気をつけて、頑張って欲しいです。
(幸い?!新演出ではないので、そういう意味での注目は集めないが故、歌に集中出来るんじゃないかな・・)

もう一つ、ハンブルクでの「シモン」公演の合間の10月21日、22日
にマドリードで(オハコのw)ラフマニノフの「鐘」やります!(放送があればいいんだけどな・・)

今回は女性指揮者さん。そういえば7月の第九@プロムスでも女性指揮者でしたが、数自体増えているんでしょうね。

「鐘」はしょっちゅう歌っている割には放送にかかったのは、2012年のヴァシリー・ペトレンコとのオスロでの共演と、スウェーデンでの公演くらい。
最近では新しいCDも出ているんですから、是非再度放送なり、CD録音してくれないかな〜〜彼にはよく合っている作品なのよね!
(参考までに、ヴァシリーとの共演の時のクリップ貼っておきます)

**************************
それと、ちょっと朗報。
2014年11月に東京で上演された「ベジャール第九」ですが、
この度、ドキュメンタリー映画が公開されることになったそうです。

バレエ中心のドキュメンタリーと思われますが、ポスターには彼の名前もちゃんとクレジットされていますし、ちらっとでも映る可能性がないとは言い切れません😁

12月23日〜全国で公開予定(年末で忙しい時期ね・・💧)

ダンシング・ベートーヴェン 劇場情報
ダンシング・ベートーヴェンの公開劇場一覧ページです。

もういっちょ、新しい映像(ギョーム・テル(2015年ROH)とエルナーニ(2014年モンテカルロ))の発売予定もまとめてあります。興味のある方はどうぞ。

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。