Shostakovich

ロシア語学習者として、ショスタコーヴィチ交響曲第13番「バビ・ヤール」雑感

ロシア語学習者として、今回のバビ・ヤール訳付についての感想等を記しておきます。 訳文リストは→→→ 《きっかけ》 この作品には、既に素晴らしい対訳付きのCDも数種類ありますし、そのうちの一つは、亀山郁男先生の訳だという話…

ショスタコーヴィチ交響曲第13番の日本語訳(拙訳!)アップしました

26日までトリノ、レッジョ劇場で「エフゲニー・オネーギン」のグレーミン侯爵を歌っているアレクサンドル・ヴィノグラードフ。 今年二月にROHで上演された、カスパー・ホルテン演出と同じものですが、 あの時のグレーミン侯爵は恰…

Translate »