今日からナブッコ(ザッカリア)@ロイヤルオペラ→12月23日と28日は中止

オミクロン株の大流行で、ロイヤルオペラのあるイギリスでは1日の感染者数が9万人を超えたりとか、
(彼の自宅のある)ドイツではイギリスを危険国とみなして、イギリスからドイツに行く場合、(たとえお仕事で行ってたとしても)14日間の隔離期間が必要とか、
まだまだコロナの影響冷めやらぬ…という状況が続いております。

もうすぐ2年になろうとしてますねえ。。。

 

私も最後にヴィノグラードフを聴いたのは、2年前のアテネでの「ドン・カルロ」になりました。

あの声を2年間も浴びられない時が来るなんて、想像もしませんでしたが。。。

さて今日からロイヤルオペラでの「ナブッコ」が始まります!!

NABUCCO_ Dress Rehearsal, ROH Covent Garden, 17th December 2021,
Conducted by Daniel Oren,
Cast,
Nabucco; Amartuvshin Enkhbat,
Abigaille; Liudmyla Monastyrska,
Zaccaria; Alexander Vinogradov,
Fenena; Vasilisa Berzhanskaya,
Ismaele; Najmiddin Mavlyanov,
High Priest of Baal; Blaise Malaba,
Anna; April Koyejo_Audiger,
Abdallo; Andrés Presno,

12月の公演は3回▶️1回(20日、23日、28日) ▶️ 23日と28日はキャンセルで、アビガイッレがリュドミラ・モナスティルスカ、
年明け1月は4回(14日、17日、20日、23日)はアンナ・ネトレプコのダブルキャスト。

両ソプラノとも初めての共演になります

23日と28日の中止理由は、オミクロンの影響で発生したアーティストやスタッフの人材不足。。。とのことです。

いや・・行きたかったんだよお・・・ネトレプコを生で聴ける大チャンスじゃん!!!と、密かに「今シーズンの遠征はコレだな」と決めてたのに。
でもネトレプコが出る14日と20日には”Camera Filming”の文字も見えるし、もっもっもしかして、ストリーミングかシネマ中継があるのぉ?!と、今からドキドキしてます。

★1月20日の公演、ライブストリーミング決定!!です!!(有料・要登録)日本時間だと1月21日AM4:30-です。

Nabucco (Live)
Director Daniele Abbado explores themes of identity, exile and religion in this powerful staging of Verdi’s epic opera. Available to watch for £16 from 7.30pm GMT on Thursday 20 January 2022 until 11.59pm GMT on Saturday 19 February 2022.

How to sign up – to access this film, you will need to create a new ROH Stream account. Your existing Royal Opera House username and password will not be valid here.

If you are watching in the UK, you will be charged £16 to access this event. If you are outside of the UK, tax will be calculated in accordance with local rates.

Starring award-winning baritone Amartuvshin Enkhbat as Nabucco (Nebuchadnezzar), internationally celebrated soprano Anna Netrebko as Abigaille, and world-renowned bass Alexander Vinogradov as Zaccaria, the tragic tale of one desperate father unfolds against an epic biblical backdrop.

The opera was an instant success at its 1842 premiere, with the famed Chorus of the Hebrew Slaves (‘Va, pensiero’) taking on an anthemic political resonance that lasts to this day.

とりあえず、1幕のザッカリアのアリアを置いておきます。先日の彼のバースデークリップとしてアップしたものですが、おかげさまで、1週間あまりでいいね!も5つついたので(笑)
あと二つの、ザッカリアの聴かせどころも早くアップしたいと思っています。

Alexander Vinogradov -Verdi: Nabucco, Aria di Zaccaria “Sperate, o figli… D’Egitto la sui lidi…”

とにかく、無事に全公演行われること、彼が無事に舞台を全うできることを心から祈っています。。。と書いた数時間後には2公演キャンセル。がーーーーーん!再び。。。って感じでしたわよ、全く。。。

でもね。
いくつかカテコをあげて下さっていた方々の写真を拝見していると、笑っているから。(それを見てじわぁっとしてたのは内緒w)

流石ロンドンなので、初日の公演だけでもレビューがいくつか上がりました。
(めんどくさいのでツイッターに貼ったものをそのまま転用しておきます)

ヴィノグラードフは全部褒められてますが(当然^^)他のキャストも高水準だったということや、ネトレプコだけではなくセンシティブなアビガイッレだったと好評だったモナスティルスカも聴いてみたかったなあ。。。なんて思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。