セントルイスでの「アイーダ」&ぼちぼち来シーズンの予定が入ってきてます

只今アメリカ・テキサス州のダラスで「ボエーム」のコッリーネを歌っているアレクサンドル・ヴィノグラードフですが、ボエームの公演も今日(3月29日)が千秋楽。
本日はマチネでの公演です。

舞台写真が劇場のホームページに載らなかったので、久しぶりにレビューサイトのプレスフォトを探したりとか
3月21日の公演はダラスの球場で中継放送をしたりとか(せっかくなので音だけでも聴けないかと問い合わせたのですが、残念ながら放送はなし)
ナンシーでのアレコとフランチェスカ〜の公演の直後からUS入りして、かれこれ一月半。おつかれさまでした(^。^)

そして、ボチボチですが来シーズンの予定が入ってくると同時に、5月の予定がちょっと変わりました。
もともとジェノヴァでの「カルメン」(昨年ストライキで初日と2回目の公演が行われなかった公演の再演)が入っていたのですが、
アメリカ・セントルイスでの「アイーダ」でランフィス歌うことになりました(^^)v

(ジェノヴァのカルメンも今年こそ観たかったんですが、まあもうエスカミーリョはいいかな・・;的な気持ちもなくはなかったので、目先が変わる違う役の方が嬉しい

セントルイスは、私の在米時代の懐かしい場所です。週末には夫と片道4時間かけて(笑)ショッピングモールや美術館によく行ったものです。そのころシンフォニーがあるなんて知らなかったけど^^; (知ってたら行ってたのに〜〜)
私もちょっとなじみ深い場所で彼が歌ってくれるのは、なんとなく嬉しいです。

この「アイーダ」コンサート形式なのかと思っていたんですが、今流行の「プロジェクションマッピング」を使った舞台になるみたい。
キャストもなかなか揃っていて、

アイーダ:ルクレシア・ガルシア
ラダメス:アントネッロ・パロンビ
アムネリス:エカテリーナ・セメンチュク
アモナスロ:ゴルドン・ホーキンス
ランフィス:アレクサンドル・ヴィノグラードフ

指揮:デイヴィッド・ロバートソン
プロジェクションマッピング:S. Katy Tucker

・・・という布陣。嬉しいことに5月9日の公演はセントルイスのラジオ局で放送もしてくれるので(^^)
彼のランフィスが聴ける〜〜!と、テンション上がってます♪ ランフィス歌うの、9年ぶりぐらいのはずだけど、楽しみ!!

そして来シーズンの予定は、9月のフィリッポデビュー@ブエノスアイレスの他、来年3月にはチューリッヒでのカルメン。
まだこれから色々追加されることでしょう。詳しくはこちら→→ご覧下さい 。

Translate »