16日&19日:コッリーネ@シラー劇場(^^)v

12月19日追記:今夜(19日)も引き続き歌うことになったそうです。

今月は公演がないんだよね…でも、ゆっくり休めるんだから、まあそれも大事よね、と思っていたんですが、
実際はそうでもなく^^;
既に来月のカルメン@コペンハーゲンでのリハーサルが始まっていて、さらに!

今夜(12月16日)急きょ、ベルリンのシラー劇場での《ボエーム》のコッリーネを歌うことになり、ベルリンとコペンハーゲンを往復しているとのこと。キャストチェンジニュースはこちら⇒⇒⇒

★引き続き12月19日も歌うことになったそうです。

ホント、オペラ歌手って暇そうに見える時期(ごめん^^;)でも、なんやかんやと忙しくしているんだわ・・・尊敬。

まー、コッリーネはもう何度も歌っているんですけど、最後に歌ったのはいつだったかな・・・2010年の2月に、ベルリンの同じ演出でだったかな。

私はこの演出のコッリーネには、苦い苦い思い出があるので、彼がここでこれを歌う、という時には、つい、感傷的になってしまいます。
今回は飛び入りとは言え、キャストの殆どがリンデンのおなじみさん(笑)ですから、ま、巧く行くことでしょう(^^)v

この演出については後日、別記事を立てようかな♪(うふふ^^)

今日はとにかく、彼が久しぶりのコッリーネ、巧く行きますように!との願いを込めて,
2005年10月にパリで歌った時の【外套の歌】の放送録音のクリップと、2007年サンタフェ音楽祭で歌った時の、1幕のはしゃぎっぷり(笑)を
ご紹介しておきます。

【外套の歌】(ビデオクリップ)埋め込みが見られない方はこちら⇒⇒⇒

【一幕の、男4人衆の大騒ぎ♪】埋め込みが見られないかたはこちら⇒⇒⇒

Wish the best performance and enjoy tonight, Alexander!!!

********************
2012・12・16 & 19 Staatsoper im Schiller Theater, Berlin

Musikalische Leitung Andris Nelsons
Inszenierung Lindy Hume
Bühnenbild Dan Potra
Kostüme Carl Friedrich Oberle
Chöre Eberhard Friedrich

Mimì Kristīne Opolais
Musetta Anna Samuil
Rodolfo Stephen Costello
Marcello Alfredo Daza
Schaunard Arttu Kataja
Colline Alexander Vinogradov (16 & 19 Dec.)
Parpignol Michael Smallwood
Benoît | Alcindoro Michael Kraus
Staatsopernchor
Kinderchor der Staatsoper Unter den Linden
Staatskapelle Berlin

2 thoughts on “16日&19日:コッリーネ@シラー劇場(^^)v

  1. びよら

    うわあああああ、そうなの!? 
    きゃーー行きたい。でも行けない!!!
    あぁぁぁーーーーー
    🙁

    やっぱりヴィデオクリップ観れないの。。
    海外からは見れないのかな。

  2. ヴァランシエンヌ

    あああああ~~~~~ん、びよらさんっ;

    そうか~~~さすがに急すぎるし、年末のお忙しい時期だから、
    前もって行く予定が立ってないと無理だよね・・・

    私も日本時間の今朝、このニュースを知って、すわ、びよらさんに
    「おおお! 久々の特派員レポ指令だ!」
    と心を躍らせていたんですが、そうかあ~~~残念><;

    多分、今日だけだと思います。
    上にも書いたように、既にコペンハーゲンでのリハーサルがはじまっているので、その合間を縫ってとのことですから、もし次回、元のコッリーネ君がまた歌えない、という状況になっても、助けてあげられるかどうか(笑)

    びよらさんにも是非見て頂きたかったので残念ですが、また公演全体の感想、教えて下さいね。そこで脳内変換機を使って、観た気分を味わうことにしますから :mrgreen:

    クリップの件も、ご指摘ありがとうございます。
    海外だから…ということはないと思いますが、埋め込みが作動しない人の為に、直接YTで見られるリンクを貼っておいたので、お時間のある時に試してみて下さいませ。

Translate »