再掲:プロコフィエフ《炎の天使》@コンセルトヘボウ ビデオで全編見られます

★2012年6月12日再掲:大好評上演中の新国立劇場《ローエングリン》のエルザ役で出演していたリカルダ・メルベート(Ricarda Merbeth)がプロコフィエフの《炎の天使》のヒロイン、レナータを歌っている演奏会形式の映像の紹介記事です。

2010年9月、コンセルトヘボウでの収録。うちで扱うってことは、ええ、ヴィノグラードフが共演させて頂いたことのあるソプラノさんということ(^m^)
ちなみにオルトルート役のスサネ・レースマークとも、2009年シンガポールの《エレクトラ》と、昨年スカラ座での《ロメオとジュリエット》でご一緒させて頂いてました。ということで、私は今回、女性陣にも注目しているのですよん。

**************************

2010年9月4日にネットラジオで放送された、プロコフィエフの《炎の天使》(演奏会形式)@コンセルトヘボウのビデオを、YTにアップしました。ご興味のある方はどうぞ、ご覧になってみて下さい。

★Act 1 & 2

★Act 3 & 4

★Act 5

********************************************

ふふふふ。彼、少し痩せたかな? でも、髪の毛が伸びてる~~~

歌の方は、ちょっと、お行儀良すぎかなw(←いつものことです) でも、なかなかの怪演だと思います(笑) だって、異端審問官だもんねっ(^m^)

全体をざーっと観た感じでは、音だけで聴いていた時も印象的だった、テノールのRoman Sadnik(アグリッパ博士&メフィストフェレスの2役。この作品では、この2役をかけもちする歌手が多いみたいです)が、絵を伴うと、顔の表情なども細かく◎。迫力あります。

こういうキャラクターテノール系の声で、歌のうまい方には、是非「ラインの黄金」のローゲを聴いてみたいです。

レナータのRicarda Merbethは、好きなタイプの声なのですが、この役には声が若干、柔らかすぎるような気がしてましたが、映像で見ると(当たり前ですけど)丁寧に歌っていて、好感度大。
でもやっぱり、もう少し優しさが全面に出るような、他の役で聴いてみたいかな~~(ロシア物だと、タチアーナとか)

嬉しいサービス映像・カーテンコールでは、観客の拍手に「おおっ?!」と驚いた後、満面の笑みで応える、アレクサンダー・ヴィノグラードフが見られます。
笑顔のステキな人は、男女を問わず、気持ちがいいものです(私も見習わねば^^;)

そういう意味でも彼のカーテンコールでの振舞いは、嫌味がなくて(威張ったところとか、全然ないの(笑))
観ていて幸せな気持ちになれると思いますヨ。新国フィガロをご覧になる予定の方は、その辺りにも是非、注目してあげて下さいね。

私はこの人の、これを観るのが、すごく好き(*vvと思ったり。

ともあれ、来日直前の映像を観ることが出来て(多少痩せたかな?と思いますが)元気そうにしていて安心しました。この夏は、ちょこちょこと映像で確認することが出来ましたが、やはり、プロが撮った映像はキレイですね。

5周年記念に相応しい、素晴らしいプレゼントを頂けてホントに嬉しいです。ご紹介下さったレイネさん、本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

******************************
Concertgebouw – zaterdag 4 september 2010, 13:30 uur

Radio Filharmonisch Orkest
Groot Omroepkoor
Leif Segerstam dirigent
Celso Antunes koordirigent

Vladimir Baykov bas-bariton (Ruprecht)
Ricarda Merbeth sopraan (Renata)
Carole Wilson mezzosopraan (Herbergierster / Abdis)
Irina Dolzhenko mezzosopraan (Waarzegster)
Roman Sadnik tenor (Agrippa von Nettesheim / Mefistofeles)
Nikolay Didenko bas (Faustus)
Alexander Vinogradov bas (Inquisiteur)(アレクサンドル・ヴィノグラードフ《異端審問官》)
Milcho Borovinov bas (Knecht)
Martijn Cornet bariton (Matthias Wissman / Kroegbaas)
Anitra Jellema sopraan (Eerste non)
Jose Kamminga alt (Tweede non)

Prokofjev De vuurengel (Russisch gezongen)
(プロコフィエフ「炎の天使」The Fiery Angel, Огненный ангел)
recorded by Radio 4 nl : September 4,2010-CET 13:30-

Translate »