アメリカのクラシック業界のWebを眺めていて思ったこと

今月の頭から、向こう3カ月ほど、アメリカを中心としたオシゴトになる、わがゴヒイキさん、アレクサンドル・ヴィノグラードフ。
先日のLAフィルとのマラ8プロジェクトに始まり、今日からのフロリダ・パームビーチオペラでの「ロメオとジュリエット」や、少し先になりますが、4月のサン・ディエゴでの「理髪師」や5月のモントリオールでの「ファウスト」。

彼ががっつりと、アメリカ方面でオシゴトするのは、実質的には2008年11月の、ワシントンでの「カルメン」以来ですから
(その間に、単発でのコンサート形式のオシゴトはいくつかありましたけど)
私もアメリカのオペラカンパニーや、オケ団体をWebでじっくりチェックするのは、本当に久しぶり。

で、アメリカのクラシック界の、宣伝というか、プロモーションというか、Webでの盛り上がり方ってすごい(@。@と、改めて感じました。
折りしも、本日Metの来シーズンの予定が発表されましたけど、ま~~MetのWebサイトの作り方も、電子版のブックレット(デジタルブックレットというらしいです)なんかも、すっごく作りが凝っているし…本当に宣伝が上手だな、と思います。

そして、僅か3年~4年の間に、HPという形式だけではなく、ブログ、Youtube、Facebookに代表されるSNS系のサイト、Twitter…
このような新しい方法が、どんどん出来て来て、そしてどこの団体も、これらを上手に使って、果敢にプロモーションしているなぁと、思います。

2008年の頃には、劇場側からのプロモートには、舞台写真やYoutubeに公演ビデオが上がれば上出来、
あとは新聞社のレビューや、個人のブログの感想を探って、公演の様子を知る…という感じでした。
今でも、ヨーロッパ(特にわが愛しのリンデン=シラー劇場はね…最近でこそ、やーっと!専用のYTチャンネルを作ってくれましたけど;;とかいう感じ^^;)では、そのぐらいのコンテンツ…というところも、まだ多いのではないでしょうか?

こういうのを見ていると、Facebookにしろ、Twitterにしろ、Webサービスの殆ど全てが、アメリカ発なんだな…というのが、よーくわかる気がします。だから、使い方も上手。一般ユーザーとのコミュニケーションも、活発ですしね。

(Webサイトの作り方も、だいたい、Wordpressをベースにして、それぞれコンテンツを拡張させているんだなぁ~~というのが、わかる^^; ナビゲートの仕方など参考にしたいサイトが、たーっくさんありますが、良く見るとキホンは同じなので、似たり寄ったりの印象も受けますね。。。)

また、Webを宣伝の基軸にしつつ、地元のテレビ局で、バックステージの様子や、出演者のインタビューを放送したり。
(Metのライブビューイングでも、そういう側面がありますよね!)
敷居をちょっとでも低くして、色んな人に興味を持ってもらえるように、劇場に来てもらえるように!という努力がひしひしと感じられます。
この辺が、アメリカのいいところだと思います。

今、彼が出ているパームビーチオペラでも、本当に色んな催しが(Web上でも)行われていて
昨夜の最終ドレスリハーサルでは「実況ツィート」も行われていました^^;;;;;

(ボケボケですが、写真投稿もいくつか見られます。まあ多分、ちゃんとした舞台写真は近いうちに観られると思いますけど)

ちょうど、いい感じの時間帯で行われていたので、実況を眺めていたんですが、

「今、ロメオとジュリエットが出会ったわ!」
「今、初めてキスしたわ!」
「今から結婚式よ」
「司祭の声、チョーサイコー!!!もう、ずーっと聴いていたい…」(←ははは(^_^;))
「チャンバラが始まったわ!ロメオは少し、熱くなりすぎね」
「なんか《ロメジュリ》って、《West side Story》に似てない?」(←いや、だから。。。「ロメジュリ」が本流なんだってば^^;;;;)
「あーもう!この最後のシーン、大っきらい。。。だってあまりにも、悲劇的過ぎるわ!!」

…と。まあ、こーいう感じ^^; のツィートが飛び交っていて…

いえね。
興味深かったし、面白かったんですけど。

なんか…あまりにも開放的というか、あけすけというか。
もう少し、神秘のベールの部分というか…
見えない部分を残しておいて欲しい気がするのは、私が堅物だから?

化石のような頭の私(特に私は、融通が利かない石頭ですからっ)には、なんだかもう、
この、ノリノリ!!!な、熱さには、ついて行けないかも。。。^^;

でも!
彼には頑張って欲しいわ。

清貧で荘厳で、慈父のような彼のローラン神父は、私、とても好きですから。。。

(あ、25日のダブルヘッダーは私の勘違いでした^^; マチネはファミリーオペラで(たとえばシラー劇場での「魔笛」みたいな)ダブルヘッダではなく、ヤングアーティスト主体での短縮版だそうです。
良かった~~いくらローラン神父は出番がそんなに多くないとは言え、3日間で4公演はしんどすぎるんじゃないかと、心配してたもんで。。。)

2 thoughts on “アメリカのクラシック業界のWebを眺めていて思ったこと

  1. galahad

    SNSやtwitter、情報収集には便利なことたくさんだし、特定のセミナーとかフォーラムみたいなもののtogetterも便利ですが、フォローしきれないです。
    みなさんついていけてるのかな? 私がトロいだけかな、と最近とくに考えます。 
    ロミジュリリハの実況ノリノリでおもしろいですね。
    ウェストサイドストーリーに似てない?っていうのにはびっくり。
    ってことはロミオとジュリエットの物語自体を知らないで舞台を見てるってことですよね。

  2. ヴァランシエンヌ

    galahadさん:

    SNSは便利だし、自分でガンガン取りに行かなくても、ある程度情報も入ってきますしね。
    私は、ネットに繋がる環境がある人、誰でも自由に見られるのが、ホームページの良さだと思っているので、
    たとえメールアドレスと名前だけの登録とは言え、利用者に個人情報の入力を強いて加入させていること自体に抵抗を感じる方も、やはいりいらっしゃるだろうしな…と思うと、 ホームページの活動を、SNSメインにすることは、今は考えられないですね。。。( ̄ー ̄)

    ブログでさえ、即時性には優れているけど、垂れ流し感があって、
    情報をストックし、過去の情報にアクセスするには不向きだと思っているようなところもありますから(⌒-⌒; )
    まあ、手をかければそれは改善出来ることがわかったので、こうして新しいおうちを開いたんですけどネ。。。

    それと、情報の流れが本当に早いので、始まる前には、すごく盛り上がっているけど、終わってしまうともう、あの熱気はどこに?!と、さーーーーーーっと引いた感じになる傾向も、だんだんと加速してる気がします。
    私は特に、公演を反芻して楽しむクチなので、そこんとこにもついていけない感、置いて行かれちゃった感が強いです。
    スローモーさんには、息苦しい時代になってきたわ(笑)

    >ロミジュリリハの実況中継

    面白い試みですよね。多分参加してるのはメディア関係者が殆どだと思うんですけどね。
    向こうに住んでいた時に、サロメとオネーギンを、地元の小さなカンパニーで観たことがあるんですが、その時も観客は殆ど、ストーリーを知らないで来ていて、字幕を見ながらゲラゲラ笑うんですよ(⌒-⌒; )

    まああれは、知らなくても仕方ないかな、とも思うんですが、いくらなんでも、ロメジュリはねえ?!
    古今東西、知らない人のほうが少ないんじゃないのかなぁ?????

Translate »