ホフマン物語、ビデオクリップ製作中です

先月のリセウでのホフマン物語、カタルーニャラジオでのアーカイブも終了したので、
ぼちぼちですが、ヴィノグラードフが歌っている主要箇所を少しずつYouTubeにアップしています。

私のこの作品についての知識が決定的に不足している為、作品を勉強しつつ作っているのでちょっとずつのアップになりますが

気長におつきあい下さると幸いです。(そろそろ感想もまとめないと!)

・4幕、ジュリエッタの幕のダペルトゥットのアリア

いきなり4幕からで申し訳ないんですが^^;
このアリアは(この作品の版の問題にも絡んでくるのですが)
いわゆる「鏡の歌」でもなく「煌めけダイヤモンド」でもない、いわばダペルトゥットの新しいアリア…という、珍しいものだそうです。

この作品に非常にお詳しいサイト様「フランスオペラの楽しみ」の管理人様に助言を頂きつつ、タイトルに

Dapertutto's Aria(Edition: Michael Kaye and Jean-Christophe Keck)

と入れております。この辺はまた改めて(自分の覚書も兼ねて)トピックを作りたいと考えています。

 

・1幕、リンドルフのクープレ

こちらはお馴染みかな。

・3幕、アントニアvsミラクル博士との対峙

これはリセウがアップしてくれたクリップ。ミラクル博士の死への誘いが魅惑的すぎる。。。

 

それにしても「好きになれるかどうかわからない・・・」と聴く前には戸惑っていたのに、すっかり「ホフマン沼(Villain沼?!)」にハマっている自分が怖いwww

 

 

 

 

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。