Thanks for visiting to my weblog and supporting Alexander, 2013!!!

Thank you for visiting to this weblog, 2013!! And thanks for supporting Alexander Vinogradov:-):-):-)

今年も一年間、ありがとうございました!
アレクサンドル・ヴィノグラードフの2013年を、ざっくりまとめておきます。

今年は夏休みをがっつり取る等、プライベートを優先した時期もあって、例年よりも公演数が少なかったかな。

まず、1月〜3月は、ベルリンシラー劇場の「理髪師」バジーリオとコペンハーゲンでの「カルメン」エスカミーリョの掛け持ち公演。まあこれはもう、どっちの役も鉄板ですから(笑)

4月〜7月上旬は、みっちり、がっつりお仕事〜〜でした。
まず4月。シラー劇場への出演が減った代わりにトリノ・レッジョ劇場への出演が増えた一年でもあったのですが、その皮切りは、元々のハウスデビューだった5月の「エフゲニー・オネーギン」グレーミン侯爵よりも前に、「ドン・カルロ」の大審問官からスタートしました。

これはBキャストでの公演が主だったのですが、4月21日のAキャスト最終公演日だけは彼がAキャストに混じっての出演。
この日、評論家の加藤浩子さん主催の日本のツアー客も鑑賞していたとのことで、少しだけ様子を窺い知ることができましたし、本人も満足の行く出来だったとのことで、私もほっとしました。

「ドン・カルロ」は彼も大好きな作品ですし、近い将来、フィリッポを歌う日も来ることでしょう。でも大審問官も聴いてみたかったな…と思います。映像も収録していましたし、最初からAキャストだったら…と思うとちょっと残念。

その後4月下旬にはアメリカ・ピッツバーグでの第9を終えた後、5月上旬には待望のヴァシリー・ペトレンコ×リヴァプール・フィルとのショスタコーヴィチ14番「死者の歌」。これはCD収録もしているので、発売が楽しみです!!!
DSC01597

5月はまだまだ続きます…トリノでのグレーミン侯爵。ええ、私も初トリノ参戦でしたがあえなく号泣、彼は最終日には、諸事情から(笑)青年貴族グレーミン侯爵で頑張っておりました。

5月28日には、パリでフィリップ・ジョルダンとのショスタコーヴィチ13番。念願の放送もあって、やーっと!彼の13番を手元においておけるようになりました(笑)

6月〜7月上旬は、サンクトガレン音楽祭での「アッティラ」タイトルロールデビュー。ヴェルディ・イヤーに一つタイトルロールデビュー出来たのは、やはり嬉しかったです。舞台の一部がアップされていますが、これも出来たら、音だけでもいいから全部聴きたかったし、やっぱり見たかった…と思います。

その後、夏は完全休養で9月から再び活動を開始。昨年6月にも出演していたフェニーチェでの「カルメン」エスカミーリョからのスタート。

10月にはこの「カルメン」と3たびトリノでの「リゴレット」のスパラフチーレの掛け持ち。
スパラフチーレは、個人的にはすっごいツボ^^;;;;; 朝から晩までひたすら「すぱーらふち〜〜〜ぃれ」ばっかり聴いたりとか(アホです、アホ)
近年はすっかり忘れかけていた?!新鮮な気持ちですっかりのめり込み、10月以降の私のオペラ鑑賞の演目は、他の演奏も含めて圧倒的に「リゴレット」が占めることになり…全く、何が災い?幸い?!するか、わかんないわ〜〜^^;
リゴレットなんて、話が陰惨すぎて絶対好きになれない!って思っていたんですけど(笑)

残念ながら舞台写真は一枚もなかったんですが(多分)ゲネプロの様子がちょこっとだけですが、↓見られます。

(あまり演技してないね…とか、前見てるだけじゃん…とか言わないように(笑)このロン毛のカツラがいいんですー!でもこの部分、10月17日の放送ではマッダレーナのシルヴィア・ベルトラミ共々、もっともっと表現が細かくって粘っこくって、すっかり入れあげてしまいましたわ〜〜<3<3<3)

これが今年最後の公演だったんですが、9月には嬉しいサプライズも。
5月にも共演している、ヴァシリー・ペトレンコ×リヴァプールフィルとのショスタコーヴィチシリーズ。
なんとなんと、13番も急遽ご一緒させて頂くことになり、ついでにCD収録もしちゃったもんですから、
13番と14番、来年は一気にCD発売もされるのではないかと、期待値MAXp(^^)q

DSC06818

リヴァプールでの2度のコンサートのお写真は、マンチェスター在住のfelizさんより頂きました。ありがとうございました。
2回とも実演をお聴きになられていて、私に取っては垂涎〜〜のご体験で羨ましい限りです。

それから、昨年9月にエジンバラで録音したラフマニノフの全歌曲録音プロジェクトのCDですが;
年明け、2月には発売されるとのことです。
詳しい情報が入り次第、お知らせします。

…ということは、来年は一気にCD3種類、発売される…と思います!楽しみです;ー)

個人的には、5月のトリノ&パリ旅行のてんやわんや、パリでの13番に合わせての無謀なる訳づけ、
9月にはレンタルサーバーのトラブルにより、サイトを引っ越しせざるを得ない状況になったり・・・で、今年もネタに事欠かない一年となりました(笑)

以前アップしていた写真はパーになってしまいましたけど、
記事はなんとか移行できたので、写真はまあ、おいおい追加して行こうと思ってます。

今年も一年間、ありがとうございました。私事ですが、明日12月28日で、彼と初めて出会ってから丸9年…なんとファン歴も10年目(!)に入ることになります。
年数の長さは大して重要ではないと常々思っていますが、さすがに10年目か〜〜と思うと、時の流れを感じずにはいられません。
10年目の節目イヤーも、何か素敵なことがあるといいなあ。。。って、CD3点セットがあるじゃないのぉぉぉぉっ…と(笑)

はい、来年も暑苦しく応援させて頂きます、ヴィノグラードフさん(笑)
来年も健康に気をつけて、幸せな気持ちで歌って下さいませ。ヴァラリン、喜んでサポートさせて頂きますわっ。

Translate »