シーズンエンドとゲストブック閉鎖のお知らせ

あっという間に2016年も半分が終わりました・・早いですねえ。
「メフィストさまっ😍」と熱く萌え萌えしてから、もう5ヶ月が経過したのね・・・私、未だにあの余韻に浸っていて、ほんとに良い物を聴けた、観られた・・という思いで幸せに満ちております(いやしょっちゅう寂しくなってますけどね、キホン幸せですっ)

そんなわけで、アレクサンドル・ヴィノグラードフの2015−16シーズンも6月中旬のイスラエルでの「鐘」をもって終了、多分今は夏休みで、ちょっとはのんびり出来ているのかな〜〜などと思いを馳せております。

→ す、すみません^^; この後急遽モスクワ(ボリショイ劇場)での「ファウストの劫罰」に呼ばれて、歌ってます💦
ボリショイ劇場でこの演目を演奏会形式ではなく、舞台付きで上演するのは初めてとのことで、なかなか盛り上がっているようです。

メフィストフェレスはドミトリー・ベロセロスキーとニコライ・カザンスキーとのトリプルキャストで、ヴィノグラードフはBキャスト。
残念ながらプレミエはベロセロスキーに譲りましたけど、ボリショイ劇場の今シーズンのシーズン・エンドを受け持つのも名誉なことでしょう。
これ終わったら、一週間ほどでサヴォンリンナ音楽祭の「ボエーム」も控えてますから・・・・・・結局今年の夏も忙しかったんじゃん💦 も〜〜。。。
身体には気をつけて、頑張って欲しいです。

***********************

今シーズンの彼は、もうなんといっても昨年9月のシーズン・インに、満を持して「ドン・カルロ」のフィリッポ2世のロールデビューを果たしたことでしょう。
場所がアルゼンチンのブエノス・アイレス、流石に私も家族から大反対され、泣く泣くロールデビューに立ち会うのを断念したんですけど(今思い起こしてもやっぱり残念だったな・・)
4回の公演のうち1度はラジオ、もう1度は最近コロン劇場が始めたライブストリーミングの恩恵を受け、いながらにして2度も彼のフィリッポをじっくり鑑賞できたこと、
そして、放送を観て(聴いて)下さった方々からは「初役とは思えない」と口々に絶賛(してくれたよねっ、皆様〜〜〜〜〜っ!)して頂き、
改めて彼のフィリッポへの熱い想いがぎゅーっと詰まった、仕上げの完成度の高さがびしびし伝わってくる熱演に号泣してたことを、誇らしくも嬉しくも思っています。

これは9月23日、音声のみ(ラジオ放送)のElla giammai m’amo

こちらは9月29日、ライブストリーミングの映像より

ライストの時は何故かMacからは観ることが出来ずに手持ちのタブレットを総動員させて、途切れ途切れで見たんだっけ・・・時々あちらのテレビ局のHPで再放送しているので、いつかちゃんと通して観ることができるといいな、と思ってます。

このフィリッポ・デビューに立ち会えなかったことで、必然的に次点の遠征候補に上げていた今年2月のエッセンでの「ファウスト」のメフィストフェレスを観ることができたのは、個人的にはいろ〜〜〜んな意味で、嬉しく、意義深い出来事でした。
彼がメフィストフェレスを歌い始めたのは、もう6年前になるんですが(実はエスカミーリョとコッリーネの次によく歌っている役柄でもある)本人が大好きな役でもあります。
でも私、この作品がどうにも苦手で、どうしたものかと長年悩んでいたんですが、も〜〜〜そんな悩みは完っ全に吹っ飛びましたね。

ほんと、カッコ良かったし…軽妙洒脱ででもちょっと怖かったり、可愛かったり・・・彼の色んな面が一度に堪能できちゃうなんて、なんてメフィストって美味しい役なのぉ〜〜〜😍

Feb.7 Curtain Call from Parkett

Feb.7 Curtain Call from Parkett

鑑賞メモその1 その2

ま、こんな感じでのモエモエがずーっと続いているってわけです(^_^;)

その他、今シーズンは舞台外での活躍も少し。
昨年10月のロンドンでの「カルメン」出演中にはイギリスBBCのラフマニノフのドキュメンタリー番組にちょこっと出演、嬉しいことに大好きなラフマニノフの「運命」を歌ってくれてます。

ちょこっとおしゃべりも。

そして、嬉しいびっくりだったのは、なんと今年1月のドイツのオペラ雑誌Opernglasの表紙を飾ったこと!!!💓

Opernglasの表紙を飾る=メインのインタビューを受けるということですから、まーほんと、思いっきりサプライズでした。
2月のエッセンでの「ファウスト」出演の時には既に本が出ていたので、在独の友人に送ってもらって、私もファン歴12年目にして初めてサインを頂きました。
ドイツから友達が送ってくれて訳もしてくれてる…と伝えたら、うっれしそ~にしてましたわ!(現在この訳づけは友人の多忙により休止中・・実は私も手持ちの「独和大辞典」を棚から出してやる気まんまんではいるんですが、今、すっごいプライベートが立て込んでいてなかなか時間が取れない((/_;)
そしてそれを友達に話しながら見せて、また日本に持ち帰って来ました。一生の宝物です。

こんな感じで、今シーズンはワタシ的にも美味しいことが盛り沢山、楽しく充実したシーズンでございました(*^.^*)
来シーズンは今シーズンほどには萌え要素が低め演目・・なのと(ごめん^^; あ、でも4月のナポリでのエレクトラのオレストは超〜〜〜〜〜!楽しみ!!!💕)
私も色々身辺がバタついているので、一年に一度の遠征ができるかどうか微妙なんですが、なんとか・・!と思っています。これがないと人生の楽しみの半分が消えちゃうので(^_^;)

というわけで、ヴィノグラードフさん、一年間お疲れ様でした🍵
しっかり休んで、来シーズンも(ネット経由だけになっちゃうかもだけど)私を萌え萌えさせて下さいませ、ね。

***********************

一つお知らせです。
ゲストブックを作っていたんですが、スパムコメントが後を絶たないのと、殆ど書き込みもないので
閉鎖いたしました。今後、管理人(=私)とコンタクトを取りたい時にはメールフォーム、もしくはツイッターやYouTubeのメッセージをご利用下さいませ。
どうぞよろしくお願いします。

Translate »