ショスタコーヴィチ交響曲13番対訳:第一楽章.バビ・ヤール

★★★12月20日:ビデオクリップ追加。対訳と合わせてお楽しみ頂くも良し、クリップの視聴のみ楽しんで頂くも良し…★★★

★エクセルで作った原稿をテーブル化して載せているので、横が切れたり、レイアウトが崩れている箇所があるかもしれません。
日本語訳のみの確認は、全曲を掲載しているこちら⇒⇒⇒の閲覧をお勧めします。

随時、注釈などつけて行きます。語訳その他、ご指摘の点がございましたら、コメント欄若しくはメールフォームにてお願いします。

I. Бабий Яр1.バビ・ヤール
【合唱】
Над Бабьим Яром памятников нет.バビ・ヤールの上に記念碑はない。
Крутой обрыв, как грубое надгробье.険しい断崖が、粗末な墓碑銘のようなものだ。
Мне страшно.僕は恐ろしい。
Мне сегодня столько лет,僕は今日、自分がユダヤ民族そのものであるかのように
как самому еврейскому народу.年を取ったように感じるのだ。
【独唱】
Мне кажется сейчас -я иудей.僕は今、自分がユダヤ教徒であると感じている。
Вот я бреду по древнему Египту.ほら、僕は、ゆっくり、のろのろと古代エジプトを歩き回っている。
А вот я, на кресте распятый, гибну,そしてあそこで僕は、十字架に張り付けられ、
非業の最期を遂げるのだ。
и до сих пор на мне - следы гвоздей.そして今でも僕には、釘の跡が残っている。
Мне кажется, что Дрейфус -僕は、自分がまるでドレフュスであるかのように感じている。
это я.あれは僕だ。
Мещанство -名誉や利益にとらわれてばかりいるつまらない奴らが
мой доносчик и судья.僕の密告者であり、裁き手なのだ。
Я за решеткой.僕は柵の中
Я попал в кольцо.僕は鉄格子の中にいる。
Затравленный,苦しめられ
оплеванный,唾を吐きかけられ
оболганный.罵られて。
И дамочки с брюссельскими оборками,そして、ブリュッセル製のフリルを身につけた若いご婦人がたが
визжа, зонтами тычут мне в лицо.金切り声をあげながら、傘で僕の顔をつつく。
Мне кажется -
я мальчик в Белостоке.
僕は、ベラストクの中にいる少年である、
と感じている。
【合唱】
Кровь льется, растекаясь по полам.血が流れ、床の上に広がり、にじむ。
Бесчинствуют вожди трактирной стойкиお偉い方がたが、安い酒場のカウンターで暴れ、
и пахнут водкой с луком пополам.ウォッカと玉ねぎが半分ずつ混じって、におう。
【独唱】
Я, сапогом отброшенный, бессилен.僕は、長靴で蹴飛ばされ、無力である。
Напрасно я погромщиков молю.ポグロムの加担者らに、僕はむなしく懇願する。
【合唱】
Под гогот: Бей жидов, спасай Россию!-「ユダヤ人を殺せ、ロシアを救え!」
насилует лабазник мать мою.高笑いの中、穀物屋の旦那が僕の母さんを強姦する。
【独唱】
О, русский мой народ! -おお、僕の民族、ロシア国民よ!
Я знаю – ты по сущности интернационален.僕は知っている- お前は元来、国際的なのだ
Но часто те, чьи руки нечисты,しかし、汚い手をした奴らが、お前のまさに清らかな名を唱えて
твоим чистейшим именем бряцали.がちゃがちゃいわせたのだ
Я знаю доброту твоей земли.僕は、お前の大地の素晴らしさを知っている。
Как подло,だが、何と卑劣なことだ
что, и жилочкой не дрогнув,細い血管を震えさせることもなく(臆面もなく)
антисемиты пышно нарекли反ユダヤ主義たちは声高らかに自分自身を
【独唱と合唱】
себя "Союзом русского народа"!「ロシア民族同盟!」と称する
【独唱】
Мне кажется -
я - это Анна Франк,
僕は自分が、アンネ・フランクであると感じている、
прозрачная,透き通っていて
как веточка в апреле.まるで4月の小枝のような。
И я люблю.そして、僕は愛しているのだ。
И мне не надо фраз.僕には、内容の乏しい言葉はいらない。
Мне надо,
чтоб друг в друга мы смотрели.
僕に必要なのは、
お互いに見つめ合うこと。
Как мало можно видеть,
обонять!
なんと、ほんの僅かしか、見たり嗅いだりできないのだろう
Нельзя нам листьев僕たちは木々の葉を見ることもできないし
и нельзя нам неба.天を仰ぎみることもできない。
Но можно очень много -しかし、とてもたくさんできることもある-
это нежноそれは、暗い部屋の中でお互いに
друг друга в темной комнате обнять.抱きあい、優しくし合うこと。
【合唱】
Сюда идут?(何が)こちらへ来るの?
【独唱】
Не бойся — это гулы самой весны -怖がらなくてもいいよ…あれは、春そのものの唸り声。
она сюда идет.春がこちらへやって来るんだ。
Иди ко мне.僕の方へ来て。
Дай мне скорее губы.すぐに僕にくちづけを…
【合唱】
Ломают дверь?(彼らは)ドアを壊しているの?
【独唱】
Нет - это ледоход...違う - あれは、流氷の音だよ…
【合唱】
Над Бабьим Яром шелест диких трав.バビ・ヤールの上で野生の草が
かさこそと音を立てている。
Деревья смотрят грозно,
по-судейски.
木々はまるで、裁判官風に、いかめしく見ている。
Все молча здесь кричит,ここでは、すべてが無言の内に叫び
и, шапку сняв,
я чувствую,
そして、帽子を脱いだ僕は
как медленно седею.ゆっくりと白髪になっていくのを感じている。
【独唱】
И сам я,そして僕自身は
как сплошной беззвучный крик,まじりけない無言の叫びであるかのように
над тысячами тысяч погребенных.数百万の虐殺された人々の上にいる
Я -
каждый здесь расстрелянный старик.
僕は-
ここで銃殺されてしまった老人であると感じている。
Я -
каждый здесь расстрелянный ребенок.
僕は-
ここで銃殺されてしまった赤子であると感じている。
Ничто во мне
про это не забудет!
僕の内のどんなものも
決してこのことを忘れはしない!
【合唱】
>>Интернационал<<
пусть прогремит,
“インターナショナル”を響かせろ
когда навеки похоронен будет地球上最後の反ユダヤ主義者が
последний на земле антисемит.永遠に葬られる時に。
【独唱】
Еврейской крови нет в крови моей.僕の中にユダヤの血は流れていないが
Но ненавистен злобой заскорузлой頑迷な憎悪によって、憎まれる。
я всем антисемитам,僕は全ての反ユダヤ主義者たちに
как еврей,ユダヤ人として。
【独唱と合唱】
и потому -
я настоящий русский!
そして、だからこそ私は-
真のロシア人なのだ!
Translate »