ショスタコーヴィチ交響曲13番対訳:第四楽章.恐怖

★エクセルで作った原稿をそのまま載せているので、横が切れたり、レイアウトが崩れている箇所があるかもしれません。
日本語訳のみの確認は、全曲を掲載しているこちら⇒⇒⇒の閲覧をお勧めします。

随時、注釈などつけて行きます。語訳その他、ご指摘の点がございましたら、コメント欄若しくはメールフォームにてお願いします。

4.”Страхи” 第4楽章 「恐怖」
【合唱】
Умирают в России страхи, ロシアにおいて、恐怖が消滅しようとしている
Словно призраки прежних лет, まるで昔の歳月の幻影でもあるかのように
лишь на паперти, как старухи, ただ、教会の入り口で、
кое-где ещё просят на хлеб. あちこちで、もっとパンをくれ、と頼む老婆たちのように。
【独唱】
Я их помню во власти и силе 勝ち誇った欺瞞に満ちた宮殿の中で、
при дворе торжествующей лжи. 権力と力の内にあった恐怖を、僕は覚えている。
Страхи всюду, как тени, скользили, 恐怖はまるで影のように、いたるところに入り込み、
проникали во все этажи. どの階段にも侵入していった。
Потихоньку людей приручали (恐怖は)人々をこっそりとおとなしくさせ
и на все налгали печать: すべてに刻印を押していった
где молчать бы –кричать приручали, 本来なら黙っているべきところで大声をあげるように
и молчать –где бы надо кричать. 本来なら大声をあげるべきところで黙っているように、馴らしたのだ。
Это стало сегодня далёким. あれは今では、遠い昔のこととなった。
Даже странно и вспомнить теперь. 今となっては、思い出すのはおかしなことだ。
Тайный страх перед чием-то доносом, 誰かからの密告に対する、ひそかな恐怖、
тайный страх перед стуком в дверь. ドアをノックする音に対する、ひそかな恐怖。
Ну а страх говорить с иностранцем? では、外国人と話す恐怖はどう?
С иностранцем – то а с женой? 外国人と…いや、それよりも妻と話すことは?
Ну а страх безотчетный остаться 葬送行進曲の後、静けさと自分と、
 после маршей вдвоём с тишиной? 二人ぼっちで取り残された時の本能的な恐怖といったら?!
【合唱】
Не боялись мы строить в метели, 僕たちは吹雪の中での建設作業を、
уходить под снарядами в бой, 弾丸の下での突撃を恐れなかったが、
но боялись порою смертельно しかし、自分自身との対話を
разговаривать сами с собой. 時には極度に恐れたのだ
Нас не сбили и не растлили, 僕たちは狂わされもしなかったし、堕落もさせられなかった、
и недаром сейчас во врагах しかし今は、わけがあって、敵との戦いにも勝ったところの
победившая страхи Россия ロシアの恐怖は、もっと、より大きな恐怖として広がっている。
ещё больший раздает страх
【独唱】
Страхи новые вижу светлея: 新たな恐怖が輝きを放ちつつあるように、僕には見える:
страх неискренним быть со страной, 国に対する不誠実な恐怖。
страх неправдой унизить идеи, 真実である思想を
то являются правдой самой; 虚偽でけなす恐怖。
страх фанфарить до одурения, 頭がぼんやりするまでファンファーレを吹く恐怖。
страх чужие слова повторять, 他人の言葉をくり返す恐怖。
страх унизить других недоверьем 疑惑でもって他人をけなし、
и чрезмерно себе доверять. 自分自身を過度に信用する恐怖。
【合唱】
Умирают в России страхи. ロシアにおいて、恐怖は消え行こうとしている。
【独唱】
И когда я пишу эти строки そして、僕がこれらの恐怖について書く時、
и парою невольно спешу, 時として、知らず知らずのうちに急いでいる、
то пишу их в единственном страхе, というのも、極限の力を出して書かない、という
что не в полную силу пишу. たった一つの恐怖から書いているのだから。
Translate »