ショスタコーヴィチ交響曲13番対訳:第二楽章.ユーモア

★エクセルで作った原稿をそのまま載せているので、横が切れたり、レイアウトが崩れている箇所があるかもしれません。
日本語訳のみの確認は、全曲を掲載しているこちら⇒⇒⇒の閲覧をお勧めします。

随時、注釈などつけて行きます。語訳その他、ご指摘の点がございましたら、コメント欄若しくはメールフォームにてお願いします。

II. Юмор 2.ユーモア
【独唱】
Цари, короли, императоры, 皇帝、王様、大帝
властители всей земли, 全地球上の支配者たちは
командовали парадами, 閲兵式の指揮を取ることはできたが、
но юмором но юмором не могли. ユーモアだけは指揮することができなかった
(思うようにあやつれなかった)
В дворцу именитых особ, 日がな一日横になり世話を受けている
все дни возлежащих выхолена, 名門のお偉い方々がいる宮殿に
являлся бродяга Эзоп, 放浪者であるイソップが姿を現すと、
и нищими они выглядели. お偉い方々の方がこじきであるかのように見えた。
【合唱】
являлся бродяга Эзоп, 放浪者であるイソップが姿を現すと、
и нищими они выглядели. お偉い方々の方がこじきであるかのように見えた。
【独唱】
В домах где ханза наследил 偽善者が、自分たちのひ弱な足で
своими ногами щуплыми, 汚れた足跡をつけてしまった、その邸宅の中で
всё пошлость 高官ホージシャ・ナスレヂンはあらゆる俗悪さを
Ходжа Насредин шибал, まるでチェスをするかのように、
как шахмату, шутками! … 冗談で片付けてしまった…
【合唱】
всё пошлость 高官ホージシャ・ナスレヂンはあらゆる俗悪さを
Ходжа Насредин шибал, まるでチェスをするかのように、
как шахмату, шутками! … 冗談で片付けてしまった…
【独唱】
Хотели юмор купить, 彼らはユーモアを買ってしまいたいと思った。
【合唱】
да только его не купишь! だかしかし、ユーモアを買うことは出来ない。
【独唱】
Хотели юмор убить, 彼らはユーモアを殺してしまいたいと思った。
【合唱】
а юмор показывал кукиш! だがしかし、ユーモアは嘲笑するように、
こぶしを振り上げて見せた。
【独唱】
Бороться с ним дело трудное. ユーモアを相手に戦うことは難しい。
Казнили его без конца. ユーモアは際限なく処刑されていった
【合唱】
Его голова отрубленная 切り離されたユーモアの頭が、
торчала на пике стрельца. 射手の槍の上に突き刺さった。
【独唱】
Но лишь скамароши дудочки しかし、道化者の笛が
свой начинали сказ, 物語を始めようとすると
он звонко кричал: “Я туточки!” ユーモアは良く響く声で叫んだ。「ぼくはここだよ!」
【合唱】
“Я туточки!” 「ぼくはここだよ!」
【独唱と合唱】
И лихо пускался в пляс. そして勢いよく踊りだした。
【独唱】
В потрёпанном куцем пальтишке, 政治的な罪を犯して捕まえられたユーモアは、
понуряць и словно каясь, ぼろぼろで裾の短い外套をまとい
преступником политическим うなだれて、まるで後悔しているかの如く
он, поиманный, шёл на казнь. 死刑場へと歩いていった
Всем видом покорность выказывал, 見た目はまったく、従順なように見え、
готов к неземному житию, 天国で暮らす(死ぬ)覚悟が出来ているかのように見えた
как вдруг из пальтишка высказывал, ところが、急に外套からそっと抜け出して
【独唱と合唱】
рукой махал и – тю-тю! 「もういいよ~!」と片手を打ち振るった
【独唱】
Юмор прятали в камеры, 彼らはユーモアはを特別にあつらえた部屋の中に隠したが、
до чёртас два удалось. 事はうまく運ばなかった。
【独唱と合唱】
Решётки и стены каменные ユーモアは柵や石垣を、
он проходил насквозь. 楽々と通り抜けた。
Откашливаясь простужено, 風邪をひいて咳をしつつ
как родовой боец, ユーモアは二等兵として
шагал он частушкой-простушкой 鼻歌交じりに歩いていった
с винтовкой на Зимний дворец. ライフル銃を持って、冬宮へと。
【独唱】
Привык он к взглядам сумрачным, 彼はすっかり、陰気なまなざしにも慣れてしまった。
но это ему не вредит, だが、このことは彼にとって、なんの害にもならなかった。
и сам на себя с юмором そしてユーモアは、自分自身をも
юмор порой глядит. ユーモアをもって、時折見つめるのだ
Он вечен … Вечен! 彼は不滅だ・・・
【合唱】
Вечен! 不滅だ!
【独唱】
Он ловок … Ловок! 彼は器用だ・・・
【合唱】
Ловок! 器用だ!
【独唱】
И юрок … И Юрок! そしてすばしっこい・・・
【合唱】
И Юрок! すばしっこい!
【独唱】
пройдёт через всё, через всех. あらゆるものを通り抜け、あらゆる人を超えて、
すぅっと通り抜けて行く。
【独唱と合唱】
И так да славиться юмор! ユーモアに栄光あれ!
Он мужественный человек 彼は勇敢な、人間なのだ。
Translate »