シラー劇場でのお仕事終了!

さて新年に入ってから、一度もこの方の話題を出してませんでしたね(^_^;)

今シーズンのアレクサンダー・ヴィノグラードフは、10月のシーズン当初の「セビリアの理髪師」からコンサート形式の「ノルマ」そして「魔笛」と、ずっとベルリン・シラー劇場でお仕事していたのですが
(12月中旬に一度、サンクトペテルブルグでの冬の音楽祭での「ヴェルレク」に出演しましたが)
1月8日、今シーズン最終公演の「魔笛」が、今シーズンのシラー劇場でのラスト公演となりました。

シラー劇場での「魔笛」は、年末年始には一日二度の公演日もあるのですが、今シーズンは全日程、全ての公演のザラストロを、一人で歌い終えました。
(ザラストロ自体は歌うところがそんなに多くはないので、一日二回歌っても、本人的には大丈夫とのことで、こういう形で出演しているそうです)

けっこう、風邪などで急なキャスト変更もあったりしたんですが、ザラストロ(と、弁者のアルットゥ・カターヤくんも)は皆勤賞。
まあ、既に歌い慣れている役(と言ってもいいでしょう)とは言え、11月中旬~今まで
(間にサンクトでのヴェルレクを挟んだりしつつ)
よく頑張ったと思います。

11月の公演時には、嬉しいビデオクリップも見ることができましたし、ほぼ毎回、ベルリン特派員のびよらさんからのレポートも頂いたりしていて、テンション高かったんですが、

12月は私が忙しくって(^_^;)
全くと言っていいほど、フォローできず…
そして年が明けても、なかなかフォローできず…^^;

一応公演日には、毎回キャスト変更がないかどうかだけは、確認していて
「あ~今日も無事に出ているのね」
と安堵しつつ、日々の暮らしに追われておりました。

今シーズンの残りは、おヨソでのお仕事になります。
まず今月下旬、1月27日にダブリンでアイルランド交響楽団とのジョイントコンサートで演奏会形式の「モーツァルトとサリエリ」と、モーツァルトの「レクイエム」の二本立て。⇒⇒⇒

「モーツァルトとサリエリ」は、プーシキンの戯曲を題材にしたリムスキー=コルサコフの短い作品ですが、登場人物はモーツァルト(テノール)とサリエリ(バス)の二人だけ、の心理劇。
サリエリは、かのシャリアピンが「ボリスよりも難しい」と言っていたとのことですし、40~50分ほどの短い作品中、3分の2ぐらいは、サリエリが歌う部分が占める為、これもまた「バスの為の作品」と言ってよいでしょう。

彼は2002年に一度、パリでダニエル・シュトゥーダと一緒に演奏会形式で歌っていて、その時のことを、「すごく楽しめたんだ!」とインタビューで話していたことがありました。

たまたまその公演をご覧になられたパリ在住の方からも「名前も知らないバスだったけど、品良く歌ってた」と伺ったことがありました。
いつかまた歌ってくれるかもしれないなぁ…と、ずっと思っていたので、今回たった一日限りですが、とても嬉しいです。

折りしもロシア物にお詳しい、お仲間のkasitankaさんがこの作品について、非常に詳しい記事を書いて下さったので、興味のある方は是非そちらも合わせてお読みくださいませ。
私も「ノート作りたいな~~」と思っていたんですが、ここまで作って頂いたら、私はもう、何もする必要がありませんわ(笑)

kasitankaさんの記事 ⇒⇒⇒

「モツサリ」(←「もっさり」じゃないよ^^;)と「モツレク」の抱き合わせ演奏会は、珍しいカップリングというわけではなく、実は日本でも数年前に、チェコのブルノ歌劇場の来日公演時に行われています。
「モツサリ」の中に、モーツァルトが「レクイエム」の作曲を依頼されて云々…のくだりがあり、途中でレクイエムのさわりの部分が導入されているので、繋がりはあるというわけ。

今回の演奏会の指揮者は、アラン・ブリバエフ(Alan Buribayev)。
日本にも何度か来ていて(震災後の昨年10月ごろにも、日本各地の演奏会で振って下さっていたらしい。嬉しいですネ)実際に聴いたことのある方の感想を探ってみると、かなり、好感度大のよう。

しかも、アイルランド響の金曜日の演奏会は、ラジオ放送されることもあり、運が良ければ(笑)
アーカイブに入るかもしれませんよ…という情報も頂いたので、俄然楽しみになってきました(^^♪

アイルランド響のオンエアスケジュール(あんまり詳しくないので、どうやって調べるべきか(^_^;))
オンデマンド(ホントに入ってくれると、すっごく嬉しい!!!)

私も放送の情報を入手できるように探してみますが、もし、何か見つけたよ!と言う方がいらっしゃったら、是非こちらの記事へのコメントをお待ちしてます。宜しくお願いしますm(__)m

4 thoughts on “シラー劇場でのお仕事終了!

  1. kasitanka

    わぁ、ご紹介いただきありがとうございます。
    なんだかちょっと恥ずかしいです~(照

    放送局のスケジュールもあっさりしすぎですよねぇ、現地の新聞とかには詳しく載ったりするのかしら~?
    ネット放送してるんだからもっと国際的発信力ということを考えるよーに、
    と、ヴァランシエヌさん、あの局、英語で叱ってやって~(笑
    私もオンデマ入り、期待してます♪金曜に枠があるということはかなり確立は高いと思ってるのですが、、、?

  2. ヴァランシエンヌ

    kasitankaさん:

    いえいえ。ホントに役に立ってますよ!! いい作品なのに、殆どまとまった情報がなかったので、助かりました。ありがとうございますm(__)m

    >放送局

    ホントにねぇ(笑)
    でも過去のアーカイブを見ると、ブリさんの振った金曜日の演奏会は殆どアーカイブに入ってますし、ブリさんもインタビューで「モーツァルトの誕生日にちなんだプログラムです」と話してますから、多分あるんじゃないかな?と期待してます(ワクワク)

    もう少し日にちが近くなっても情報が出てこなければ、問い合わせしてみますね^^;

  3. galahad

    ほんとー、風邪ひきキャスト変更続出の中で皆勤お疲れ様でした。
    ちょい役カターヤくんもアンナ(サムイル)ちゃんも他の人の代役してたし、寒いとこ出身者は冬に強い?
    『モツサリ』もきっと良い上演でしょうね。ラジオで聴けたら嬉しい。

  4. ヴァランシエンヌ

    galahadさん:

    >寒いとこ出身者

    確かに(^_^;)
    ヴィノさんは冬場の公演は、キャンセルしたことないんじゃないかなぁ?本人は暑い所の方が好きみたいだけど、身体は寒い方に適応してると思いますよ~~

    >ラジオ

    はい(^^) この約一週間後のLA&ドゥダメルとのマーラー8番も、放送あると思います^^
    その前に日本のNHK-FMでも、去年4月のROHでの「皇帝の花嫁」の放送もあるので、また近いうちに放送予定をまとめますね。

Translate »