111002-16 Il barbiere di Siviglia(Don Basilio) @ Staatsoper im Schiller Theater

October 2,4,8,10 and 16
Staatsoper Berlin, im Schiller Theater

Musikalische Leitung : Daniel Barenboim
Inszenierung : Ruth Berghaus
Bühnenbild | Kostüme : Achim Freyer

Graf Almaviva : Dmitry Korchak
Doktor Bartolo : Renato Girolami
Rosina :Rachel Frenkel
Don Basilio : Alexander Vinogradov
Berta : Evelin Novak
Figaro : Christopher Maltman
Fiorillo : Gyula Orendt
Ambrosio : Florian Eckhardt

Staatskapelle Berlin Staatsopernchor

★10月24日追記しました。
この公演を実際にご覧になられた方々の感想をコメント欄に頂きました。ありがとうございました;-)


1968年以来、ベルリン国立歌劇場としては異例の長さを誇る、故ルート・ベルクハウス女史の名演出舞台。
過去に日本でも来日公演があったということですから(1980年)ご覧になったことがある方は、きっと潜在的にはとっても多いんではないか?と思います。

そんなロングラン演出ですので、ヴィノグラドフも私が彼の記録を取り始めた2005年以来、6回のランとダントツに多く出演してます。

おまけに、この演目の、劇場のポスターとしても活躍中(笑)

ですので、私自身、このポスターを目にしたことは何度もありますし
(初めて目にした2005年末~2006年のお正月には、用もないのに毎日このポスターの前を通りかかって、ニヤニヤしていたというヘンタイぶり…^^;)
これまでにも何度か「見たよ!」という方には遭遇したことがあるのですが、今シーズンはなんと、バレンボイムがご自身初!のロッシーニを振るということも手伝って、いつもよりも注目度が高い+嬉しいことに、私の周囲でも見に行って下さるという方が続出!

「ただ単に《見たよ!素敵だったよ!》だけの感想じゃ、許さないわよぉ(^~^+++++)」

との私のわがまま無理難題を聞き入れて下さり、素敵なレポートを書いて下さったgalahadさん、現地在住の強みを生かして、二度見に行って下さったびよらさん、念願かなってヨーロッパオペラ鑑賞の旅を実現なさったラズベリーさん、本当にありがとうございました!!

お陰で、彼がどうやってこの役を歌い演じているのか、聴衆にどのように受け入れられていたのか?まで、詳細に知ることが出来て、私も(ある意味)6年越しの願いが叶いました。
皆さん口を揃えて「よく似合ってたよ」と仰って下さって、感謝感激です。

私自身がロッシーニに疎いので、この演目だけの為に現地へ飛んで…という気に、なかなかなれずにいたのですが、
そーいうことなら(笑)
バジーリオ自体は、来年4月にサンディエゴでも、歌う予定になっていますが、せっかくならば次回、シラーでこの演目に出る時こそ、行ってこの目で見てこないといけませんわね(^m^)

スライドショーには JavaScript が必要です。

(photo by Viola…special thanks!!!)

6 thoughts on “111002-16 Il barbiere di Siviglia(Don Basilio) @ Staatsoper im Schiller Theater

  1. びよら

    さてさてヴァラリンさん!ここに、やっとコメントします。

    ご承知のように、10日に行ってあまりにも面白かったので(といっても、先シーズンの終わりにも行ったのですがね)最後の日も行きました。

    10日は前から3列目の下手寄り。
    バレンボイムの指揮があまりにも面白くて序曲は彼に釘付け、その後も舞台よりも彼に目が行ってしまいました。だって全然振らないんだもの。
    同じくその公演を観ていた指揮者S氏、「あんなにも振らんでいいんやったら、ほんま指揮者って楽な仕事や思たわ。」と言うてはりましたもの。

    最終日は、「子供と観るなら2階の後ろよりも是非」と、レジのおばちゃんお勧めの、2階席上手側の横の部分、魔笛でザラストロ最初の出で歌う位置の反対側です。照明器具が邪魔だけどなかなかイイ。

    演出や他の歌手さんたちの事は、galahadさんの素晴らしい記事にあるので、
    私は、私のヴィノさんの感想だけね。(いや、バレンボイムの事も書いたけど) 

    ヴィノさん、声も演技も調子バッチリだったと思います。前の方だからよく見えたけれど、目の動きが、奇妙なバジリオの様子をすっごく上手に表現してらっしゃいました。

    会場隅々まで響き渡る素晴らしいソロに観客も大きな拍手をおくっていました。
    10日に見た、「笑顔になると突然『素』のカワイイヴィノさん」は、最終日では「作り笑顔」になっていて、ちょっと意地の悪いバジリオの役を楽しんでおられたように思います。

    最終日は観客のノリがとてもよく、笑いも多く、ブラヴォーも多く、とにかく楽しい時間を過ごしました。息子も、偶然会った息子の学校の子も「すっごく楽しい!」と言ってました。

    10日は、後ろに座っていたお客さんがヴィノさんを褒めていたし、指揮者S氏も「すごくよかった!」と言っておられました!

    2日とも本当に楽しめました!!!

    ところで、Opernstudioにいたベルタのノヴァクちゃん、アンサンブル昇格なのね。これからの活躍に期待です。フレンケルちゃんの方が可愛いけれど、個人的にはノヴァクちゃんが好き。

  2. ラズベリー

    ヴァランシエンヌさん、こんにちは! ウィーンに立ち寄ったため、コメント遅くなりました。

    ヴィノさんの登場のとき、明らかに、客席には悦びに満ちた空気が満ちましたよ! びよらさんが書いているように、くりくりした目の表現が愛らしかったです。それに、あの身軽さ! 2.5mはあると思うカーテンレールのような舞台装置に上って。ひゃー、こわっ。でぶっちょの歌手だったら、絶対こうはいかないな、と思いました。拍手も、あの日の主役(?)のバルトロの次に大きくもらっていました。今回は、ウィーンで蝶々夫人と魔笛、ドレスデンでフィガロを見たんですが、オペラに関しては理髪師がいちばん楽しめました*^^* またオペラ鑑賞の旅に戻りたーい^^;

  3. ヴァランシエンヌ

    遅くなりました~~コメント、ありがとうございます!!

    びよらさん:

    改めて、2度見に行って下さってありがとうございました!しかも、指揮者Sさんにも誉められていたと聞いて、本当に嬉しく思います。

    >目の動き

    彼は(垂れ目だけど)目が大きいので、可笑しかったでしょう^^;
    みなさん仰ってますし、英語で書かれたブログにも、同じようなことが書かれていたので、よ~~~~~っぽど、アヤシく見えたんだろうなぁ。
    私がその場にいたら、クスクス笑いをこらえるのに必死で、何をしにいったかヨクワカラン状態になりそうだわw

    それと、シニカルで意地の悪い役作りは、意外と上手なんですよ。なので、仰っている様子は本当に、目に浮かぶようです。

    それにしても、40年以上続いている演出で、それだけ観客の心を捉える事が出来る演出って、やはり素晴らしいことだと思います。
    びよらさん、これからもこの演目がかかった時には、是非足を運んで、それぞれの時との違いを見比べてみるのも、面白いかもしれませんよ!

  4. ヴァランシエンヌ

    ラズベリーさん:

    新居へようこそ(^^/ そして、お帰りなさい!
    ご旅行を楽しまれ、無事に帰国なさったとのことで私もホッとしました。

    >明らかに、客席には悦びに満ちた空気が満ちましたよ! 

    ああ、そう仰って頂けて、感無量です。ベルリンはもう、彼の第二の故郷と言っても過言ではない土地ですし、そこでのお客さんからの支持が感じられるのは、私も本当に嬉しく思います。

    >カーテンレールのような舞台装置

    写真のポーズですよね。今回皆さんから「平地ではなくって、高い所なのよ!!」ということを伺って、びっくりしたんですけど、
    まあ、そこに登れるぐらいの体型を、今後も維持して頂きたいものです(笑)

    >オペラに関しては理髪師がいちばん楽しめました

    そう仰って頂くと、そこに出演していた歌手のファンとしては、とても嬉しいです。ありがとうございます 😳

    ところで、新国の「トロヴァトーレ」私は最終日に行ってきました。ヴィテッリ、良かったですよ!!ああいうルーナもありだな…と、自然と納得させてくれました。
    ラズベリーさん、次回はヴィテッリ追っかけの旅を是非、実行させて下さいませ(^^/

  5. ラズベリー

    うふっ、ヴァランシエンヌさんのメッセージ読むと、いつもハッピーな気持ちになるんです♪♪♪ そしてメッセージを読みながら、お気に入り歌手たちの歌声を思い出すと、つい、うっとり~~~ ^^;

    ヴィットリオくん、気に入っていただけてよかったですうぅぅ*^^*
    カーテンコールのとき、合唱指揮の三澤さんも一緒に仲間に入れて挨拶しているのがナイスでしたしね。やはり素晴らしい新国の合唱団、今回の初来日でしっかと感じたのでしょう。賛否両論は気にとめず、これからも注目していきたいですわ。カウフマンと両方忙しいなー^^;

  6. ヴァランシエンヌ

    ラズベリーさん:

    わー!そう仰って頂けるのは、今回ラズベリーさんや皆さんが《理髪師》を見て来て下さって、私に詳細報告をして下さったお陰ですよ(^m^)
    ありがとうございます♪

    普通、ファンサイト(ファンブログ)って、その歌手のファンが集ってお喋りするのが本流だと思うんですが、
    ウチは「めいめいがそれぞれのゴヒイキさんを好きなだけ愛でる場所」として成立している、変わったファンサイトなんです(笑)
    ということで、ラズベリーさんもガンガン?!ヴィテッリやカウフマンを愛でて行って下さいまし :mrgreen:

    ヴィノグラドフは新国の音響をとても評価してくれているんですが、ヴィテッリも、新国の音響と相性が良さそうな声質だと思います。今回、オリジナルではなく代役で来て下さったとのこと、ありがたいですね。
    私もこれからも、注目して行きたいと思います(^^/

Translate »