夕べの私

新しいサイトを稼働させて一週間。

不具合を調整したり(自分のPCだけではよくわからないので、あまりにも変なところ、気になる箇所は、お知らせ下さいまし)
細部をいじったり、過去記事の整頓したり、新しい記事も書かなきゃ~とか、ずっとこのことばかり考えて、寝るのは連日2時近くになっていたので(仕事にも行かなきゃならんし^^;)もう腕も肩もパンパン。。
夕べはPCを早々に閉じて、ローズの香りの入浴剤を入れたお風呂にゆっくり浸かりました。

ボディケアも最近は怠ってましたが、お気に入りのボディクリームも買ってきて、久々に入念にケアして充足感。

その後、さっさと寝ればいいものを^^;
急に【ロメジュリ】のDVD(スカラ座で見てきたのと同じプロダクションの、ザルツでの録画。スカラに行く前に、予習で使っていたもの)が見たくなった。
スカラでの記憶をなぞりつつ、結局最後まで観てしまったので、寝たのは結局、1時半過ぎ。。。

この作品の中で一番好きな、ロメオとジュリエットの寝室の場面。
同じ「刹那的濡れ場(笑)」でも、「トリスタンとイゾルデ」の、あの濃厚な描き方とは対局。ワーグナーの哲学的ロマンと、グノーの情感溢れるロマン。音楽の美しさ、若い二人の情感を、たきつけるような金管だけの激しさではなく、甘く甘く、弦楽器を絡ませて表現したグノー。もっとこの作品、評価されてもいいんじゃないかな・・

というか、好きになるひとが増えてもいいんじゃないかな・・

スカラで観たあの上演は、色んな感傷を抜きにしても、これまでの私の実演体験の中でも、ずっと後まで記憶に残る上演だったと改めて思いました。
グノーなんて、ロメジュリなんて…と思っていたのに、この数ヶ月間、私の脳内音楽プレーヤーでの再生回数No.1になるなんて。

ローラン神父の場面では、彼の声の記憶、仕草がフラッシュバックして、泣けて泣けて仕方がなかった。本当に、彼はこの役に合っていて…素敵だった。
2回聞いたけど、もっと観たかった、聴きたかった。もしも同じメンバー、同じプロダクションで、スカラ座で再演することがあれば、今度は全公演観たいな…

 

4 thoughts on “夕べの私

  1. klavier

    ヴァラリンさん(と呼ばせて頂きますね)♪
    サイトの調整作業など、お疲れ様です。ローズの香りの入浴剤で、リフレッシュされたことと思います。私もバラの香り大好きです!

    ところで「ロミオとジュリエット」は、私はバレエ(プロコフィエフ)でしか観た事が無く、オペラのことは分からないのですが、オペラの音楽ははグノーなのですね。ヴァラリンさんの心に残る、美しい音楽なのでしょうね♪
    この夏、ヴァラリンさんは、このオペラを観にスカラ座まで一人旅されたのですね!先日その記事も読ませて頂きましたが、とても詳しくチケットの取り方などから書かれてあって、ヴィノグラードフさんのローラン神父のこと、オペラの感想など、楽しく読ませて頂きました。素晴らしい体験だったのですね^^ 
    私もいつか、海外へ音楽鑑賞一人旅出来るのをめざして、少しずつ頑張りたいです☆

  2. ヴァランシエンヌ

    klavierさん:

    ヴァラリン大歓迎です(笑) ありがとうございます~~
    「ロメジュリ」は、同じグノーの「ファウスト」(←先日galahadさんがROHへ見に行かれた作品ね)に比べると、今一つ人気が薄いんですよ。でも私は「ファウスト」よりもこちらの方が(今のところは)お気に入り度が高いんです^^;

    軟派で洒脱なかんじのグノーは得意じゃなかったんですが、ヴィノさんはグノーの作品が好きなんですよ。(「ファウスト」のメフィストフェレスは彼の一番のお気に入りロールです)
    で、「ヴァラリンさん、グノーイヤイヤ病を治さないと、これからヴィノさん、メフィストを歌うこと増えてくるんじゃないの :mrgreen: ?!」
    と、長いこと友人たちに言われ続けていたのですけど、まさかロメジュリの方に先に反応するようになるとは、夢にも思ってませんでした(笑)
    (多分、悪魔より、神父の方が私の萌え要素てんこもりなんですw)

    そしてそんな「ロメジュリ」の為に、ドイツよりも治安が悪いに決まっていると決めつけていたイタリアに行ったのは、自分でもびっくり。

    更には、ミラノLove~スカラ座はやっぱり「腐っても●●」じゃないけど、やっぱりオペラはスカラ座だわ~~などと、手のひらを返したような発言をするようになったのですから、何がきっかけでハマるか、わかんないもんですよね~~ 8)

    バラの香りはいいですよね。入浴剤にしろ、ボディクリームにしろ、癒されると同時に、豊かな気持ちになれますし。
    好きな香りを持つというのは、女性にとって癒し要素の一つでもありますね♪

  3. びよら

    グノーのロメジュリ、ますます観たくなりました。
    私も音楽はプロコフィエフ、そしてチャイコフスキーしか知らないのです。
    チャイコのがものすごーーーーーーーーく好きです。

    私も久々の独身生活をお酒と夜更かしで過ごしているので、毎朝顔はむくんでいるし、一度くらいゆっくりと入浴剤を入れてバスタブにつかりたいのですが、まだ実行できていません。独身生活も今日が最後だというのに・・・。

    ヴァラリンさん、せつなーい気持ち、めっちゃわかります~~~~~~~~~!

  4. ヴァランシエンヌ

    びよらさん:

    ロメジュリ、日本では来月NHKのハイビジョンで、今年のヴェローナでの公演を放送するそうです。ジュリエットが、私がスカラ座で聴いてきたニーノ・マチャイゼ嬢なので、楽しみにしてます★

    そっか、チャイコのロメジュリもありましたね。やっぱりロマンティックですか?(笑)

    >バスタブにつかる

    そっちだと機会が少ないですよね。日本人的には、お風呂に入ってマッサージすることによって、確かに身体のコリがほぐれたり、疲れが取れるという身体的効果も確かに感じますけど、それ以上に、メンタル的な効果を求めているのかもしれません。

    お風呂で急にせつなくなって、涙が出たりすることもありますけど^^; あれも一種のデトックスなのかも…とも、思ったり。。。

    あ~~~今日も、ゆっくり浸からないと、また肩回りがパンパン…^^;

Translate »