101224 Songs and Dances of Death @ St.Petersburg

Supported by:
The Ministry of Culture of The Russian Federation
The Committee for Culture of St. Petersburg

XI International Winter Festival “ARTS SQUARE”


The Year of Russia in France
and the Year of France in Russia

LYADOV. “The Enchanted Lake”. “Kikimora”
MOUSSORGSKY. “Songs and Dances of Death”,
vocal cycle after A.Golenishchev-Kutuzov
STRAVINSKY. “The Rite of Spring”
(“Le sacre du printemps”), pictures from pagan Russia

ST.PETERSBURG PHILHARMONIC ORCHESTRA
Conductor – Yuri TEMIRKANOV
Vocal Solist – Alexander Vinogradov

And “Lullaby” is available here

Tagged on:

2 thoughts on “101224 Songs and Dances of Death @ St.Petersburg

  1. galahad

    ヴィノさん年末もお忙しい[E:wobbly]。
    それにー、「死の歌と踊り」! これは2月の某リサイタルに向けて聴いとけよ~ってことでしょうか。
    昨年のペトレンコのも聴いときゃよかった(また言ってる)と思ってたので、放送あったらうれしいです!

  2. ヴァランシエンヌ

    galahadさん:
    そーなんですよぉ。折りしも「ボリスモード」でムソグルスキーLove[E:heart01]とか、ロシア物はやっぱりいいわぁ~[E:heart01]とかで、気分がソッチに傾いていたところなので、私としてはまさに「やっりぃ!!!引き寄せちゃったかも(笑)」ってな感じなのですよ[E:happy02]
    「魔笛」の日程が、ちょうどクリスマス前後の一週間ほど空いているので、
    今年はあんまりおウチにいなかったから、この時期は家族でゆっくり自宅で過ごすつもりなのかなぁ~~とか、考えていたんですけど、がっつり仕事です[E:coldsweats01]
    死の歌と踊りは
    「バビ・ヤール」も聴いた、フィガロも聴いた…の後、
    私が未だ聴けてない、現在の彼の持ち歌の中で、最も聴きたい歌のトップ作品ですからねぇ…
    これが、ロシア国内じゃなければ「ああ~~~~~~~~っ、行きたいっ[E:dash]」と地団駄踏んでたところですが、さすがに一か月切った状態でロシア旅行の計画を立てるのは、現実的に無理なので
    (ロシア旅行にはビザなど、諸々の準備が必要なので、一か月では間に合わない&ワタシの仕事の算段もつけようもない^^;)
    そういう意味では助かりました(笑)
    しかし、ロシア正教はクリスマスが1月6日(だったかな?)とは言え、世界的なクリスマスイブに「死の歌と踊り」…って、強烈過ぎるプログラムだわw
    リアルタイムでの放送があれば何よりうれしいですが、以前のモスクワリサイタルみたいに、後からの放送でも構わないので、これは絶対に聴いておきたいですね。
    galahadさんもご一緒に、放送のご祈願をお願いします[E:shine]

Translate »